タイ・ライオンエアは、2013年にインドネシアのライオン・エアと合併によって設立した格安航空会社(LCC)です。

タイ・ライオンエアは、日本との路線も就航しています。

タイ(ドンムアン)⇔成田.関空.福岡,中部に就航しています。

今回は、タイ・ライオンエアの手荷物(機内持ち込み)のサイズ、受託荷物(預け荷物)の料金、座席指定の料金について紹介させて頂きますね。

「タイ.ライオンエア」機内持ち込み(手荷物)

タイ・ライオンエアの機内持ち込み(手荷物)の重さは7㎏までとなります。

サイズは高さ30㎝×横40㎝×幅20㎝となります。

プレミアムエコノミクラス・エコノミークラス共通になります。

※ 機内持ち込み(手荷物)7㎏以上の追加のオプションはありません。

機内持ち込み(手荷物)の注意点

・容器に入れてある100ml以下の液体

・果物は、梱包されていて機内で食べない場合は持ち込めます。

・ドリアンやジャックフルーツ、臭い匂いのある果物は、機内持ち込みや受託荷物(預け荷物)も出来ません。

「タイ.ライオンエア」受託荷物(預け荷物)の料金

2019年1月15日以降から、国内線・国際線ともに有料になりました。

プレミアムエコノミークラスに関しては…

国内線:20㎏
国際線:30㎏

までなら無料でございます。

エコノミークラスに関しては…

なんと1㎏単位から選択できるんですね(^^)/

日本⇔バンコク(ドンムアン)の路線の料金になります。

受託手荷物の料金
+1㎏ 210円
+2㎏ 420円
+3㎏ 630円
+4㎏ 840円
+5㎏ 1.050円
+6㎏ 1,210円
+7㎏ 1,360円
+8㎏ 1,520円
+9㎏ 1,680円
+10㎏ 1,830円
+15㎏ 2,620円
+20㎏ 3,400円
+25㎏ 4,440円
+30㎏ 5,490円
+35㎏ 6,530円
+40㎏ 7,580円
+45㎏ 8,620円

最大で受託荷物(預け荷物)の重さは45㎏までとなります。

受託荷物(預け荷物)1個の重さは32㎏までとなります。

2個合わせて45㎏とかになりますね。

受託荷物(預け荷物)の事前予約は出発時刻の4時間前で締め切りになります。

当日カウンター受け付けだと料金が上がるので注意してくださいね。

▼10泊ためると1泊無料で泊まれるんです!!

「タイ.ライオンエア」座席指定の料金

座席指定料金や座席の場所は、路線や使用機材によって異なります。

エコノミークラスは3つ座席指定料金からになります。

・コンフォートシート(前列1~2列目):2,790円

・ライオンシート(3列目~6列目):1,400円

・スタンダードシート(7列目より後ろ):880円

座席指定をしなければ、当日チェックインの時に自動で割り振られます。

3列シートの真ん中の座席になる確率があがりますね。

非常口座席は足元が広いので、スタンダードシートで座席指定をすればお得ですね♫

▼タイ旅行に行くならタイデータのWiFiが断然お得!!

まとめ

タイ・ライオンエアのまとめでございます。

・2019年1月15日以降の予約で、エコノミークラスに関しては受託荷物(預け荷物)が有料になりました。

・プレミアムエコノミークラスに関しては、国際線30㎏・国内線20㎏まで無料。

・受託荷物(預け荷物)は、1㎏単位の料金で選択できます。

・受託荷物(預け荷物)の最大の重さ45㎏まで。

・受託荷物(預け荷物)の1個の最大の重さは32㎏まで。

・機内持ち込み(手荷物)は、7㎏まで。

・座席指定はスタンダードの非常口座席がおススメ。

タイ・ライオンエアに乗って微笑みのタイに行きましょう~

おすすめの記事