こんにちはnozomiでございます。

今回は【LCCエアアジア】の機内に持ち込める手荷物のサイズと重さはどれくらいまでか。

受託荷物(預け荷物)は、預ける重さでいくら料金が発生するのか解説していきますね。

【LCCエアアジア】手荷物(機内持ち込み)のサイズと重さ

エアアジアの手荷物とは、機内に持ち込める荷物ことです。

エコノミークラスプレミアムフラッドベッド(ビジネスクラス)共通になります。

機内に持ち込める荷物は最大2つまでとなります。

2つの手荷物の合計の重さが7㎏までとなります。

機内に持ち込めるスーツケースやカバンのサイズ

高さが56㎝、横幅が36㎝、奥行きが23㎝までのサイズになります。

座席上の収納棚に入るサイズになりますので注意してくださいね。

PC用のカバン・手さげカバン・小さいバッグなど


高さが30㎝、横幅が40㎝、奥行きが10㎝までのサイズとなります。

自分の座る前座席の下に入るサイズとなりますので注意してくださいね。

1つの手荷物だと最大で7㎏まで。 2つの手荷物だと合計で最大7㎏までとなります。

早割・直前割引プランも満載!アゴダのお得な海外・国内ホテル予約

【LCCエアアジア】受託荷物(預け荷物)

エアアジア受託荷物(預け荷物)の料金について解説していきますね。

エアアジアの国際線は、路線によっては、エコノミークラスビジネスクラスの2つのクラスに分かれいます。

さて今回は、関西~バンコク(ドンムアン)までの受託荷物(預け荷物)の料金について紹介します。

こちらの運賃は、エコノミークラスの通常の運賃になります。

オプションの全くない運賃になります。

ここから受託荷物(預け荷物)を預けると…

20㎏⇒4,600円

25㎏⇒5,700円

30㎏⇒6,800円

40㎏⇒9,000円

受託荷物(預け荷物)の料金が発生いたします。

※こちらの料金は予約と同時に申し込むことが前提となります。

エコノミークラスで、バリューパックやプレミアムフレックスを追加にすると、受託荷物(預け荷物)が20㎏までは無料になります。

ビジネスクラス(プレミアムフラッドベッド)の場合は、受託荷物(預け荷物)が40㎏までなら無料になります。

受託荷物(預け荷物)の料金も、予約後に追加を申し込むと料金が割高になります。


20㎏⇒5,300円

25㎏⇒6,500円

30㎏⇒7,900円

40㎏⇒10,400円

出発当日に空港カウンターで受託荷物(預け荷物)を預けると…

最高15㎏⇒10,000円

受託荷物(預け荷物)がある場合は、予約と同時に申し込むようにして下さいね。

▼最低保証価格でお得なホテルの予約はこちらから

液体・エアゾール・ジェルの機内持ち込みについて

スプレー、クリーム、香水、歯磨き粉、ジェル、飲料


容量が100ml/100g以下の容器ならば機内に持ち込めます。

透明でプラスチックバックに入れる必要があります。

100ml以上の容器で容器内の液体類が100g以下でも機内に持ち込む事はできません。


※フライト時に必要とされる、医薬品や食品、ベビーフードなど特別な場合は適切な量であれば機内に持ち込めます。

※追加の保安検査になる場合があります。

空港内の免税店で購入した液体類などは、制限には含まれません。

まとめ

エアアジアの機内持ち込み(手荷物)は最大2つ合計が7㎏まで。

エアアジアの受託荷物(預け荷物)は予約と同時に申し込みましょう。

予約後の申し込みは割高になります。

・追加オプションで、バリューパックプレミアムフレックスにすると受託荷物(預け荷物)は20㎏まで無料になります


・ビジネスクラス(プレミアムフラッドベッド)の場合は、受託荷物(預け荷物)が40㎏までなら無料になります。

おすすめの記事