僕はタイ渡航歴12年目になります

いつもバンコクは乗り継ぎのみで、チェンマイばかり行っていました。

タイマッサージの留学も兼ねてだったので、いつもバンコクを通り過ごしてたんですね。

いや、バンコクは都会すぎるので、あえて敬遠していたかもしれない。

僕は大阪出身で、現在沖縄県が拠点でございます。

知り合いからタイマッサージ店の管理の仕事がバンコクであるので、「来ない?」って言われた時に正直迷いました。

大阪のごみごみした都会が嫌で、沖縄に移住したのにバンコクで住めるのだろうか?

と、考えたけどタイには住んでみたかったし、バンコク期間限定で移住を決意!!

結論から言うと、バンコクが好きになりましたね(笑)

今では、タイ渡航のたびに、必ずバンコクに寄るぐらいです(^^♪

実際、バンコクに住んでみてどうだったか紹介しますね~

バンコクでの仕事はタイマッサージ店の管理

いきなりですが、給料は約40.000バーツ

日本円で136.000円くらいです。

さてさてこの給料で実際バンコクで生活できるのか…

一度はタイで住みたかったので、経験と思ってタイマッサージ店の管理をする事にしました。

タイでの日本人の現地採用の賃金が50.000バーツ以上となっていますので、なかなか厳しいですよね(;^_^A

グレーな感じで働いてましたから仕方ないですけどね。。。何事も経験と言い切る。。。

マッサージ店のスタッフは全てタイ人。。。

強制的にタイ語を覚える(笑) 日本語通じないから(笑)

環境とは凄いものだ。

タイ・バンコクの物価について

タイの物価は日本の1/3と言われていますけど…

もうそれは、数年前の話であります。

タイも急激な発展により物価も上昇しています。

2019年5月30日現在 1円が0.29バーツです。

1万円を換金すると2.900バーツになります。

僕がタイに行きはじめた頃は、1万円を換金すると4.000バーツ近くありました。

この差は大きいですね。。。それだけタイバーツの価値が上がってる事になりますね。

とは言っても、日本に比べれば物価は、まだ安いですけどね。

タイ・バンコクの気候は住みやすい?

基本、一年中半パンにTシャツが大丈夫なタイ・バンコク

12月~2月は乾期で過ごしやすいが朝晩は少し肌寒い時もあります。

花粉もないので、花粉症の僕には最高に住みやすいですね(^^♪

暑さは慣れます(笑) 屋内は基本エアコンがメッチャ効いてますので逆に少し寒いくらいwww

なんせ冬服はいらないので、服代にお金がかからないのが良いですね。

給料に見合った タイ・バンコクでの食費

まず、40.000バーツの給料でどんな食生活になるのか。。。

屋台でタイ料理だけ毎日食べていたら正直安いです♫

バンコクでも屋台で一食35バーツくらいから食べれます。

日本円で一食120円くらいですね~ う~ん魅力的。。。

ただ毎日は正直なところ飽きますね。

タイ料理が毎日でも飽きない方は、かなり節約できますね♪

僕は、週に1度は日本食を食べていました。 ただ…高いですね(;^_^A

日本にいる時より高いか同じくらいの値段ですね。。。

せっかくタイに住んでるんだから、 タイ人しか行かないようなお店を探してましたけどね~

あえて日本人に会わないように(笑)

朝食 コンビニでパンとコーヒー60バーツくらい。

昼食 屋台で1食だいたい50バーツくらい。

夕食 屋台で2食だいたい100バーツくらい。


単純に一ヵ月計算すると6.300バーツくらい。

日本円で22.000円くらいです。あくまでも最低ラインです。


日本食を食べたりお酒を飲んだりしていたので、それ以上に食費はかかっていました。

この給料では贅沢三昧は無理ですね(;^ω^) 貧乏生活ではなかったですが(笑)

タイ・バンコクでの家賃はおいくら

ズバリ!!ピンキリです!!

ボロアパートから高級タワーマンションまで(;^ω^)

僕が住んでいた所は、BTSトンロー駅から徒歩2~3分です。

バンコクの都心部サイアムやアソークまでBTS(電車)で5分から15分くらいと非常に便利。

家賃が7.000バーツでした。日本円で23.000円くらいですね~

借りる期間によって家賃は多少変動します。交渉ですね!!

1ベッドタイプでキッチンなしです。

僕は、自炊が出来ないので問題なしでした。

1Fに24時間警備の方がいてオートロックだったのでセキュリティー的には安心でした。

1Fにコインランドリー,ミニコンビニ,管理人室。

この家賃で、この立地条件なので満足でしたね。

都会なのに以外と住みやすい。。。

ムムム、なにこの居心地の良さよ~

電気代が部屋にいる時だけつけて1,000バーツくらい。

WiFiが一ヵ月だいたい400バーツくらい。

水道代は、メッチャ安かったですね。忘れるくらい(笑)

タイ人が住むような所だと、3.000バーツくらいからありますが、セキュリティー的に問題があります。

日本人が住めるような所で、セキュリティー的な事を考えると6,000バーツ以上はだしたいですね。

勿論、立地や場所によって変わりますが。。。

10.000バーツ以上だせば、快適に住めるような所はたくさんありますよ♪

僕は、職場に近い所をピックアップして、直接あいてる部屋があるか探していました。

だいたい1Fに管理人室があるので、気になる物件があれば部屋を見せてもらいましょう。

パスポートのみで借りれるので簡単です♫

最初にデポジット(保証金)が家賃の1~2か月分かかりますが、退室の際には返金されます。

タイ・バンコクの交通事情

タイの交通費はすごいお安いですね(^^♪

・タクシーが初乗り35バーツ

・BTS(電車).MRT(地下鉄) 1区間10バーツから

・市内路線バスが6バーツから

・バイクタクシーが10バーツから

バンコク市内の渋滞はエグイですね。。。

通勤時間帯や雨の日はもう最悪ですね。

バンコク市内でバイクや車を運転するのは、かなりの慣れが必要になってきますね。

僕はバイクも運転してましたけど、怖かったですね。すり抜けは命がげ(笑)

BTS(電車)やMRT(地下鉄)で移動するのがベストですね。

タクシーは時間帯によって利用していました。

バンコクは低賃金でも住みやすかった

正直バンコクは都会すぎて、住むのに不安はありました。

バンコクは都会やけど南国特有のヌルさ満開(笑)

沖縄とある意味、良いヌルさが一緒すね~

仕事を通じてタイ人の友達も多くなったし、今でも連絡を取り合っています。

タイに行った時は必ず会いますしね(*^^)v

給料は少なかったけど、それ以上の経験が出来て本当に良かった。

給料:40.000バーツ

家賃:7.000バーツ

光熱費:1.000バーツ

食費:10.000バーツ

WiFi:400バーツ

スマホSIM:800バーツ

合計:19.200バーツ

最低限の生活はできますね。出来てましたね。

おすすめの記事