LCC(格安航空会社)と言えば、安い・機内サービスない・手荷物等が厳しいイメージですね。

今回は、【ノックスクート】の手荷物や預け荷物の料金や重さの制限等について詳しく紹介しますね。

【ノックスクート】シンガポールの「スクート」タイの「ノックエア」共同出資によって設立した格安航空会社です。

長距離国際線を運航しております。

成田・関空からタイやシンガポール等に就航しています。

『ノックスクート』手荷物(機内持ち込み)

手荷物とは、機内に持ち込める荷物のことです

『ノックスクート』はエコノミークラススクートビズ(ビジネスクラス)があります。

エコノミークラス

・機内持ち込みの手荷物1個10㎏まで。

・ノートパソコンや手提げ袋を含む手荷物2個10㎏まで。

・機内持ち込みの最大のサイズ
 
 
 54㎝×38㎝×23㎝で3辺の合計は最大で115㎝

スクートビズ(ビジネスクラス)

・機内持ち込みの手荷物2個15㎏まで。

・機内持ち込みの最大のサイズ
 
 
 54㎝×38㎝×23㎝で3辺の合計は最大で115㎝

エコノミー10㎏ スクートビズ15㎏

※機内持ち込みのサイズや重さが超えると、受託手荷物(預け荷物)になりますので注意して下さい。

超過料金が発生します。

過去2回『ノックスクート』関空⇔バンコク(ドンムアン)に乗りました。

あまりチェックは厳しくなかったですが、確実にこれはヤバいと思うのは駄目だと思います。

重さ・サイズを事前に測っておきましょうね。

追加手荷物(機内持ち込み)の料金について

『ノックスクート』では、追加手荷物のオプションあり。

オプションを追加すると+7㎏の手荷物が機内に持ち込めます。

エコノミークラスで合計17㎏になります。

オンライン(フライト予約時)に事前申し込みして下さい。

▼関空⇒バンコク(ドンムアン)で追加料金が3,700円になります。

※就航路線によって料金が異なります。

▼ホテル+航空券を一緒に予約すると断然お得!!

『ノックスクート』受託荷物(預け荷物)

受託荷物(預け荷物)とは、空港のチェックインカウンターで荷物を預けると言うことですね。

エコノミークラスでも3つセットに分かれています。

・Fly(航空運賃のみで受託荷物なしです)

・フライバッグ(受託荷物付き運賃)

・フライバックイート(受託荷物+機内食付き運賃)

フライバック・フライバックイート

20㎏までは受託荷物(預け荷物)が運賃にはいっています。


※Flyは別料金になります。

スクートビズ(ビジネスクラス)

合計の荷物が30㎏になります。

受託荷物(預け荷物)は追加料金で最大40㎏まで大丈夫です。

当日空港で申し込むよりも事前予約のほうが断然安いので、そちらをおススメいたします。

当日超過分は、1㎏ごとに追加料金が発生します。

※就航路線によって受託荷物(預け荷物)の料金がことなります。

詳しい料金はこちらからになります。

機内持ち込み・受託荷物(預け荷物)できない物

▼下記の物は機内持ち込みや受託荷物(預け荷物)も出来ません。▼

・スプレーや毒物

・有害物質

・リチウムバッテリー

・ガスや可燃物

・武器

・ペットや動物

▼ホテル+航空券を一緒に予約すると断然お得!!

リチウム電池の持ち込みについて

リチウム電池に使われている電子機器とは

・スマホや携帯電話

・ノートパソコンやタブレット端末

・カメラ機材等

・腕時計や計算機

以上の物は機内持ち込みになります。


※受託荷物(預け荷物)は出来ません。

僕が他の航空会社で、スマホの予備の充電器を受託荷物(預け荷物)出来なかったので、上記のものは全て機内に持ち込んでいます。

みなさん『ノックスクート』に乗って楽しい海外旅行に行きましょう♪

WiFiの手配は済みましたか?

▼海外旅行に行くならグローバルWifiがおすすめ!!

まとめ

LCC(格安航空会社)の機内持ち込みや受託荷物(預け荷物)の料金や制限については様々です。

今回は『ノックスクート』について紹介させていただきました。

他の航空会社では、機内持ち込みが7㎏になっている中『ノックスクート』はエコノミークラスで10㎏まで大丈夫です。

受託荷物(預け荷物)がある場合や超過については、オンライン予約の時に済ませておきましょう。

おすすめの記事