こんにちはnozomiでございます。

平成という時代が、まもなく終わり令和の時代へと変わっていきます。

平成最後の夕日をせっかくだから見たい~

どうせなら、日本で一番最後に夕日が沈む所を見たい。

日本最西端の与那国島しかない!!!!

平成最後の夕日のイベントも開催されますので紹介しますね。

日本最西端・与那国島

日本最西端の与那国島は、周囲約27㎞のとても小さい島です。

国境の島とも呼ばれてまして、台湾までの距離が約111㎞になります。

石垣島までが、約127㎞になりますので目と鼻の先が台湾になりますね。

与那国島までの交通手段が飛行機で石垣島から約25分、船で石垣島から約4時間になります。

平成最後の夕日は、ぜひとも日本の一番西で見たいものですね(^^♪

夕日の見える丘もありますが、位置的には一番西にはなりませんので、やはり夕日観賞は日本最西端の西崎ではないでしょうか。

平成最後の日の入りの時刻は、19時17分でございます。

平成最後の夕日【イベント開催】

日本最西端与那国島でイベント開催!!!

『平成最後の夕陽inYONAGUNI』

場所が、久部良集落の久部良漁港特設ステージになります。

日時:平成31年4月30日(火曜日)

時間:18時30分~

19:00~19:20 平成最後の夕日 カウントダウン

時間帯によって、イベントも組まれております。

・祖納青年会による棒踊り
・ハワイアンフラ
・米蔵一正(ライブショー)
・與那覇歩(ライブショー)

久部良漁港特設ステージへの行き方

空港から車で約10分
路線バス:久部良港バス停下車徒歩2~3分

さいごに

平成最後の夕日を日本最西端の与那国島で~

与那国島は、黒潮の真上にあり雲が発生しやすい。
台湾は、3000m~4000m級の山々があり雲が発生しやすい。

なかなかバッチリ夕日を見れるのは、気象条件が合わなければ難しいですが、是非とも平成最後の夕日は神様バッチリ見せて下さい<(_ _)>

おすすめの記事