みなさん、旅行先や趣味で使っているカメラはどのように保管していますか?

保管状態によっては、大切なカメラやレンズがカビの汚染になってませんか?

僕は、旅行先にはカメラを持参して行きますが、カメラの保管については無知でした。

現在拠点にしているのが、沖縄県与那国島です。

年間を通して平均湿度80%とムシムシやばいですね(*_*)

湿度が高いからカメラやレンズがカビるから大変だよと言われ、除湿庫をすすめられました。

今回は、実際一年半使っているカメラ除湿庫(ANDBON)を紹介します。

カメラ(精密機械)は湿気やホコリが天敵!!

せっかく、カメラ等を使用後にブラシや柔らかい布等で、油脂や汚れなどを綺麗にしても保管状態が悪いと、せっかくお手入れしたのも台無しですね。

カメラバックやそのまま置きっぱなしになってませんか?

カメラやレンズ(精密機械)は、湿気とホコリが天敵になります。

湿度60%を超えるとカビが発生しやすいと言われています。

湿気によりレンズにカビが生えると簡単には取れません。

カビ取りの費用はレンズの種類やメーカーにもよりますが、5.000円~10.000円前後の料金になります。

あなたの大切なカメラをしっかり保管して良い状態にしておきたいですよね。

除湿庫の種類

こちらの除湿庫は、プラスチック製のドライボックスになります。

お値段的にもリーズナブルで湿度計がついてるのもあります。

クリアボックスになっていて、カメラの他にも食糧の保管にも良いですね♪

除湿乾燥剤を別で購入して定期的に交換が必要となります。

こちらの除湿庫は、湿度管理をしっかりしてくれるタイプです。

日本製から海外製もあり値段も様々になります。

僕が使っているのは、コンセント付き中国製ANDBONの除湿庫になります。

お部屋のインテリアとしても良いですね♬

購入後一年半使用している「オススメ除湿庫」

僕が、使用しているANDBONの30L除湿庫です。

購入して一年半ですが故障もなく快調でございます(^^)/

中国製と若干心配してましたが、全く問題ありませんね~

2段構成の除湿庫になっています。

下段がフラットなスポンジが敷かれていて、カメラ本体などをおきます。

上段がレンズが転がらないようなスポンジになっており嬉しいですね♬
レンズが3本はいります。

よっぽど大きな望遠レンズ以外でしたら収納は大丈夫でしょう。

ANDBONの30L除湿庫のサイズでございます。

 ・横の長さ290mm
・高さ408mm
・奥行き288mm

コンパクトで設置場所にも困らないのが良いですね!(^^)!

湿度計.温度計も標準装備されております。

扉の開閉で湿度57%になっていますが、常時50%前後をキープしております。

湿度45%~55%あたりがベストではないでしょうか。

除湿庫の中の奥に湿度調整があります。

湿度高い方がA
湿度低い方がE

除湿の強さを設定できますので、季節にあわせて調節ができますね♪

いつもDで湿度50%前後をキープできるような感じです。

グリーンのランプが点灯していれば正常です。

沖縄県与那国島の高温多湿でも、ANDBONの除湿庫は故障もなくタフに作動しているので、中国製と最初は少し心配もしましたが購入して良かったです。

本体5年保証もついていて、お値段も30Lで1万円台でコスパ的にも最高ですね。

まとめ

実際、ANDBONの除湿庫を購入してみて1年半。

全くのトラブルや故障もなく大変満足しています(*^▽^*)

カメラ以外にも時計や小物.革製品なども除湿庫に保管してとても重宝しております。

お部屋のインテリアにもスーと馴染みますよぉ~

湿度の高い日本では、カビの発生がしやすくカメラ(精密機械)の保管がとても大事になってきますよね。

おすすめの記事