僕はバンコクに2年間住んでいました。

移動の際にはタクシーも頻繁に使っていました。

最初は慣れないから、不安でしたけど場数を踏めばなんとかなります(笑)

基本的なバンコクでのタクシーの乗り方や注意点をまとめてみました。

初めてバンコクでタクシーを乗る方に分かりやすく解説していきますね(*'▽')

バンコクのタクシーの乗り方について

バンコクのタクシーは、色とりどりでございます。

青、オレンジ、赤、ピンク、黄色、緑と多彩ですね♩

黄色/緑のツートンは個人タクシーになります。


初乗りが35バーツと日本円で119円くらいです。(1バーツ3.4円)

メッチャ安いですよね!(^^)!

初乗り⇒35バーツ(1kmまで)

  1~10km⇒1km毎に5.5バーツ
10~20km⇒1km毎に6.5バーツ
20~40km⇒1km毎に7.5バーツ
40~60km⇒1km毎に8.0バーツ
60~80km⇒1km毎に9.0バーツ
80km以上⇒1km毎に10.5バーツ

タクシーの乗り方

日本では、タクシーに乗る時に手を上げますよね?

タイでは、手のひらを地面にむけて斜めに下げる感じです。

普通に手を上げても止まりますので、タクシーの運転手さんに分かりやすいように合図をしましょう。


タイのタクシーは自動ドアではありません。

タクシーが止まると、助手席か後部ドアを開けて行先を告げます。

OKだったらタクシーに乗りましょう。

自分でドアを閉めてくださいね。

使うと便利な簡単タイ語

タイの運転手さんは、英語が話せない方も多いです。

簡単なタイ語(フレーズ)を覚えておくと便利です(^○^)

~です。ます。⇒カップ(男性)カー(女性)

行く⇒パイ

空港⇒サナーム ビン


例:空港に行きます。

  パイ・サナーム ビン・カップ/カー

~したい⇒ヤーク


例:空港に行きたいです。

  ヤーク・パイ・サナーム ビン・カップ/カー


例:ここに行けますか?(地図で指差し呼称)

  トン二―・パイ・ダイマイ・カップ/カー

真っすぐです⇒トンパイ・カップ/カー

左に曲がります⇒リアオ・サイ・カップ/カー

右に曲がります⇒リアオ・クワ―・カップ/カー

ここで降ります⇒ロング・ティニー・カップ/カー

ホテル⇒ローング・レェーム

メーター⇒ミーター

タクシーメーターを確認!!

乗車する時には必ずメーターを見ましょう。

メーターOK?と聞きましょう!!

タイ語で、ミーターOK?

初乗り35バーツになっているか確認しましょう。

メーターを細工して、高い料金を払わせようとするタクシーもいます。

メーターの上がり具合が不自然だったら、日本語でもいいので、メーターに指を差して文句を言いましょう。

僕は、バンコクに住んでいた時にメーターを細工しているタクシーに一度乗車しました。

いつも仕事で通る道だったので、すぐにメーターの上がり具合が不自然だったのが分かりました

メーターに指を差して日本語で怒ったら、すぐに謝ってきました

腹立つから、その場で降りましたけど(笑)

稀にありますので注意してくださいね。

おつりがない場合が多いので小銭を用意

お釣りがない確率はメッチャ高いです。

1,000バーツや500バーツを支払い時に渡すとお釣りがないと言われます。

100バーツ、50バーツ、20バーツの少額紙幣をあらかじめ用意するのが良いですね。

セブンイレブンとかで、買い物をする時に1,000バーツ等で支払って少額紙幣をたくさん用意しましょう

チップをあげる習慣はないですが、お釣りの端数はチップとして渡すのもスマートですね~

僕は、少額紙幣で支払って、お釣りの端数をあげちゃう感じですね('ω')

乗車拒否・運転の荒さは当たり前

タイのタクシーの運転手さんは、基本的に愛想がないと思います。

言葉が通じないのもありますし、恥ずかしがり屋なのかな( ̄▽ ̄)

もちろん、めっちゃ話してくる方もいますけど~

雨の日や行先の渋滞等で乗車拒否は当たり前

乗車拒否なんて日常茶飯事です(笑)

行先を告げて、断られる事なんて多いですから、めげないで下さいね。

バンコクはタクシーの数が多いですから、次から次へとタクシーがやってきます。

雨の日や渋滞の多い時間帯などは、乗車拒否の確立も多くなってきます。

しかも、メーターではなくて、料金を指定してきます。ボッタくりですね!!

近いのに100バーツとか200バーツとか…

雨の日で、タクシーが全然みつからない時はシブシブ言い値で乗る時もありました( ;∀;)

基本 運転が荒い!!

ゆっくり走る運ちゃんなんて少ないですね!!

マジで運転が荒いし、スピード狂であります。

車間距離つめつめなんて当たり前ですので、心して乗って下さい。。。

おどしじゃないですよ~

僕は、幸いタクシーに乗って事故になった事はないです。

時間帯によっては電車を使いましょう~

世界でも有数の渋滞天国!!

渋滞が多い時間帯や雨の日も渋滞が大発生します。

1㎞を進むのに1時間かかるって事もありますよ!!!

時間が読めるBTS(電車)やMRT(地下鉄)を利用しましょう。

最寄りの駅でタクシーに乗るのも渋滞を避ける意味では良いですね。

▼バンコクに行くならタイデータのWiFiが断然安い!!

空港からバンコク市内タクシー乗り方

バンコク・スワンナプーム空港からタクシーの乗り方。

2階到着フロアの所にタクシーの案内看板が出ていますので迷わないを思います。

バンコク市内でしたら、レギュラータクシーのレーンに進みましょう。

バンコク市内まで、場所や時間帯にもよりますが約40分前後です。

レギュラーレーンを進み1階がタクシー乗り場になります。

発券機がありますので、ワゴンタイプのタクシーか普通タイプのタクシーに分かれますので、どちらか選びましょう。

レシートが出てきたら、紙に書かれた番号のレーンに行きましょう。

行先を告げて乗車しましょう。

ミーターOK?と聞きましょう!!

タイ語でミーターはメーターです。


メーターが初乗り35バーツになっているか確認しましょう。

空港からのご利用の際の注意点


・タクシー運賃とは別に空港使用料を50バーツが必要です。

・下車の際にメーターの運賃+50バーツの支払いになります。

・高速道路使用の際は、料金所毎で高速料金を支払います。

運転手さんがハイウエイ?って聞いてきます。

空港からバンコク市内まで、総額300バーツから400バーツくらいです。

▼航空券とホテル予約を一緒に予約するとお得!!

まとめ

はじめて、バンコクでタクシーに乗るにあたって

・乗車拒否は日常茶飯事

・初乗り35バーツになっているかメーター確認

・渋滞の多い時間帯や雨の日は、電車や地下鉄に乗りましょう。

・ドアの開閉は自分で

・運転が荒いのでちょっと不安

おすすめの記事