与那国島!!観光スポット対決東西南北は西側編ですよぉ~


与那国島観光スポット対決は島の西側編でございます。

日本の一番、西にある久部良の集落は、漁師の集落になります。
与那国と言えばカジキ!!

漁港に行けば、カジキがあがると釣り下がってるのも見れますし、毎年7月には、国際カジキ釣り大会もあります。

そんな西側の観光スポットは、日本最西端西崎(いりざき)・ナーマ浜・ダンヌ浜・久部良の港から半潜水艇に乗船する海底遺跡を紹介させていただきます。

与那国島観光スポット~日本最西端西崎(いりざき)

与那国島の最大の観光スポットは、ズバリ日本最西端西崎でしょう~

日本最西端西崎(いりざき)は、日が沈む、日の入りという事で(いりざき)と読みます。

日本最西端の到達名前入り証明書が、空港の観光案内所でもらえますよ~500円になります。

日本最西端のお手洗いもありますので、記念に何か落とされては如何でしょうか(笑)

台湾まで約111㎞。石垣島まで約127㎞なので、台湾に行くほうが近い距離になります。
尖閣諸島まで北に約300㎞、東京まで約1,900㎞、沖縄本島那覇まで約520㎞。

日本の一番西なので、夕日も最後に沈む事になります。
夏場で最長日の入り19:40、冬場最短でも17:59なのです。
勿論、日の出は日本で一番遅い時間になります。

久部良の集落に夕日の見える丘がありますが、位置的には西崎(いりざき)が西になりますので、夕日観賞は西崎(いりざき)が、おススメになります。


空港から車で12分

路線バス久部良バス停下車徒歩12~13分

与那国島の町花が、ゆりになります。

毎年4月あたりに、テッポウユリが満開になりますよ♪

年に数回、気象条件が合えば台湾が一望でき、3000m~4000m級の山々がはっきり見えます。

台湾が見えた3日後には島の天候が荒れるとも言われております。

運が良い方は見えるかもですね♪

展望台から見えるのは、久部良の集落や標高198mの久部良岳でございます。

眺めも最高ですね♪

与那国島観光スポット~半潜水艇で行く海底遺跡

与那国島の観光スポットとして外せないのが、海底遺跡ですね!!

半潜水艇(ジャックスドルフィン号)で行く海底遺跡~

与那国島の海底遺跡は新川鼻の沖合約100m付近の海底にあります。

1986年ジャックスドルフィン号の社長さんが海底遺跡を発見されました。

海底遺跡の大きさは全長約100m,幅約60m,高さ約25mの広さになり、まだ調査段階で人工的なものなのか、自然に出来たものなのか謎であります。

所要時間約70分,片道約20分の海底遺跡の旅でございます。

ジャックスドルフィン号は、久部良の港を出港すると西崎をぐるっとまわり、南牧場の南側を進み比川の集落Drコトー診療所を遠目で身ながら海底景観ポイント新川鼻まで行きます。

日本最西端西崎(いりざき)を海から見る景観も最高ですね♪

南牧場を見ながら、たまに崖のところで馬が草を食べていますが、落ちないでくださいよぉ~

なんといっても、海底遺跡に着くまでの、与那国島を外から見る景観がダイナミックすぎる!!!

断層や地層好きな方には、たまらない景観ですね♪

ブラタモリが与那国島に来ないだろうか(笑)

海底遺跡の場所に着きますと、船は半潜水艇になっていますので、船の下に降りまして海底遺跡をぜひ楽しんでくださいね。

船酔いの心配な方は、海底遺跡の場所が特に酔いやすいので、無理せず体調が悪くなる前に、船の上にあがってくださいね。

ジャックスドルフィン号

料金表

大人:6,000円(ホテル入船のご宿泊の方 4,000円)
子供3歳以上:3,000円
学生(中.高生):4,000円
4名様以上/1人:5,000円

5名様以上出港
出港時間:9:00  12:00

※海の状況によっては、欠航・出港時間変更あり

宿泊先・空港まで送迎もあります。

ご予約・お問い合わせ 電話:098-87-2311(ホテル入船)

レンタカーで直接、港まで行かれる方は、空港からだと久部良の信号を直進して、大朝商店を右に曲がり道なりに進むと船乗り場になります。

与那国島観光スポット~ナーマ浜

与那国島は、断崖絶壁が多いですが、穏やかな砂浜も何ヶ所かあり、一番海水浴に適してるのは、ナーマ浜ではないでしょうか。

まず、アクセスが良く、久部良の集落から歩くと右側に漁港が見えてきて、通り過ぎるとナーマ浜に着きます。
駐車場も広いですし、空港から車で10分程度です。

ナーマ浜は、とても透明度の高く波も穏やかです♬

夏の海水浴シーズンでも賑わう事もなく、場合によっては貸し切り状態になる事もありますよ~
ビーチを歩けば、綺麗な貝殻もたくさんありますよ♪

シュノーケリングをするのも良し、のんびり座ってたそがれるのも良し、ビール片手に持ちながら夕日観賞するのも良しですね~

ナーマ浜の脇には、金刀比羅宮があり、毎年旧暦の10月には、航海安全・豊漁を祈願する「金刀比羅祭」があります。

久部良の集落の旅館や民宿に泊まれば、十分歩いて浜まで来れますので、水着のままでOKですね♪

ただ海の家とかはないので、飲み物等は近くの大朝商店で買うのが良いですね。

お手洗い完備で近くの漁港にもお手洗いがあります。

空港から車で10分
路線バス久部良バス停下車徒歩5分

与那国島観光スポット~ダンヌ浜

インスタ映えと言う言葉がピッタリではないでしょうか~ダンヌ浜!!

ダンヌ浜の公衆トイレの出入り口から写してますが、この丸い感じがフレーム替わりになるんです♪

わざとダンヌ浜公衆トイレといれるのもよし、ポーズを決めるのもよしですね♪

ただ、インスタ映えは、かなり天候に左右されます。晴れていれば、かなりのおすすめ観光スポットになります。

勿論、お手洗い完備でシャワーもあります。

ダンヌ浜は、島の北側に面してまして東シナ海になります。

浜も狭く、岩がゴツゴツとしてて、どこか男性的な浜ですね。
海水浴にはむいてないと思います。

天候が荒れてる日は、波しぶきが凄いので注意が必要です。

ダンヌ浜入口には、牛舎もあります。
牛舎の屋根がないのは、台風で屋根が飛んでいったままらしいです。

月桃の里(老人ホーム)もダンヌ浜手前にあります。

空港から車で5分
路線バス月桃の里下車徒歩3分

まとめ

与那国島観光スポット対決!!東西南北(西側編)を紹介させて頂きました。

与那国島に来ると絶対外せないのが、海底遺跡と日本最西端の西崎ではないでしょうか。

北は宗谷岬・東は納沙布岬・南は波照間島 。
そして西は与那国島(西崎)で東西南北を制覇する方も多いでしょう~

さらには、日本で一番遅い夕日を西崎・ナーマ浜・ダンヌ浜で観賞するのも素敵ですね♬

おすすめの記事