サワディーカップnozomiでございます~

2018年4月からチェンマイで運行されているスマートバス。

5系統の路線がありまして、20バーツ均一で乗車が出来ます。

始発から終点まで乗車しても20バーツでございます(^^)/

実際にスマートバスに乗車してみて便利なのか検証してきました。

【チェンマイ】20バーツ均一で乗れるスマートバスとは

チェンマイ市内を5系統の路線で運行されているスマートバス

路線にもよりますが、30分~45分の間隔で運行されています。

1区間乗車しようが、始発から終点まで乗車しようが、一律20バーツでございます。

路線別で色分けされていますので、分かりやすいと思います。

▲上記写真のバスはR3赤系統のバスです。

バスのフロントに色別してますので、どの路線かすぐに分かりますよね!(^^)!

路線別の色 運行ルート
R1緑 チェンマイ動物園⇒MAYA⇒バスターミナル2⇒セントラルフェスティバル
R1紫 セントラルフェスティバル⇒ターペー門⇒MAYA⇒チェンマイ動物園
R2ピンク プロメナーダ⇒ターペー門⇒ワロロット市場⇒プロメナーダ(市街地東側)
R3赤 空港⇒二マンへミン⇒ターペー門⇒ワロロット市場⇒空港(市街地を時計回り)
R3黄 空港⇒ターペー門⇒チェンマイラム病院⇒二マンへミン⇒空港(市街地を反時計回り)

こちらは、ワロロット市場のバス停になります。

バス停を見ての通り、このバス停にはR3赤系統R1緑系統バスが停車します。

他の、R3黄系統R1紫系統R2ピンク系統のバスは、来ないという事ですね。

▼海外旅行に行くならグローバルWifiがおすすめ!!

「チェンマイ」スマートバス路線図

画像引用:RTC Chiang Mai City Bus

2019年7月現在で5系統のスマートバスが運行されています。

スマートバスの路線図を見ると、チェンマイの旧市街地や新市街地・東側を運行してるのが分かりますね~

チェンマイの郊外まで運行されてる訳ではないので、慣れれば乗りこなせると思いますよね♬


画像引用:RTC Chiang Mai City Bus

観光客のみなさんが、一番利用するスマートバスがR3赤系統・R3黄系統になります

・チェンマイ空港を始発となり、R3赤系統チェンマイ市街地を時計回りするルートになります

空港から新市街地の二マンへミン・MAYA方面に行きたい方は、R3赤系統のスマートバスが早いですね。

・チェンマイ空港を始発となり、R3黄系統チェンマイ市街地を反時計回りするルートになります

空港からナイトバザールやターペー門方面に行きたい方は、R3黄系統のスマートバスが早いですね。


画像引用:RTC Chiang Mai City Bus

R1緑系統のスマートバスは、チェンマイ動物園が始発となり、セントラルフェスティバルが終点になります。

ドイステープの帰りに乗車したり、ワロロット市場やバスターミナル2.3に行きたい方には便利な路線ですね。

R1紫系統のスマートバスは、セントラルフェスティバルが始発となり、チェンマイ動物園が終点になります。

ドイステープ行くのに、チェンマイ動物園でソンテウに乗り換えたり、ターペー門からMAYAに行きたい方には便利な路線になります。

バスターミナル2.3にはバス停がないので、近くのバス停からの乗車になり、徒歩でも行けますが少し不便ですね。

▼現地払いもできるアゴダの予約がおススメ!!

【チェンマイ】スマートバス乗車レポ!!

実際にチェンマイのスマートバスを乗車してきました。

R3赤系統:二マンへミンsoi2のバス停からターペー門まで乗車しました。

時刻表の時間は、渋滞にもよりますが、ほぼ目安になります。

バス乗車の際に、運転手さんか、おばちゃんにバス運賃20バーツを渡して下さい。

プリペイドカードやラビットカードでの支払いもできますが、観光客のみなさんは、20バーツ現金で支払う方が良いですよね。

おつりはないと思いますので、あらかじめ20バーツを用意して下さいね<(_ _)>

車内はとても広いですね~

大きなスーツケースや荷物も大丈夫ですね(^^♪

車いす用のスペースもありまして、しっかり固定もできるので安心ですね。

降車の際は、近くのブザーを鳴らすと、次のバス停で停車します。

日本と同じブザー音が無かったので、不安でしたがちゃんと止まりました(笑)

もしくは、乗車の際に、運転手さんに降りたい場所を言えば止まってくれます。

▲二マンへミンsoi11のバス停から乗車したR3黄系統のスマートバスです。

空港まで乗車しました。昼間の時間帯だったので、渋滞もなくスムーズに空港まで行けました。

スマートバスはアプリを使えば便利

今、自分のいる場所から、どのバス停が近いのか分かりませんよね?

しかも、どの系統のバスなのかも…(;^_^A

アプリを使えば、簡単に最寄りのバス停が見つかるし、バスがどの辺を運行しているか一目で分かるんです(∩´∀`)∩ワーイ

Via Busというアプリを使えばスマートバスを乗りこなせますよ

こちらは、タイのアプリなのでタイに来てからダウンロードするのがおススメになります。

▲最寄りのバス停がすぐに分かります。

二マンへミンsoi6が一番近いバス停になりますね。

R3赤系統のスマートバスになりますね!!

さらにスマートバスの現在地まで把握できるので、ずっとバス停に待ってなくても大丈夫ですよね。

ただ、多少のタイムラグがある場合もあるので、少し早めにバス停に行きましょう~

僕は、余裕ぶっこいてたらバス停を着く寸前にバスが通り過ぎて行ってしまいました(;^ω^)

【チェンマイ空港】スマートバス乗り場

チェンマイ空港のスマートバス乗り場はメッチャ簡単です。

国際線・国内線共に、出口を出たら左に進んでください。

国際線からの方が、多少歩きますが大変な事ではありません~

そうすると出口1が見えてきます。その出口から外に出ましょう~

出口1を真っすぐ進むと、向こうにスマートバスが停車しているのが見えますね。

スマートバスのバス停になります。

タクシーの呼び込みはスルーして行きましょう~

ちなみにタクシーはチェンマイ市街地だと150バーツになります。

荷物が多い人やホテルに直接行きたい方はタクシーの方が良いかもしれませんね。

チェンマイ空港からは、R3赤系統・R3黄系統のスマートバスが運行しています

30分に1本は運行していますので、そこまで待たなくて大丈夫ですね。

始発ですので、車内で出発するまで待てますしね(^-^)

乗車の際に、運転手に20バーツを支払いましょう。

運転手に行先を告げるか、アプリでバス停を見せるのも良いでしょう~

もしくは、降車ボタンを押してくださいね。

▼海外旅行に行くならグローバルWifiがおすすめ!!

まとめ

チェンマイ市内を一律20バーツ乗車できるスマートバス

自分のいる最寄りのバス停と行きたい方面の路線であれば便利だと思います。

バスが大型で荷物やスーツケースなども車内に楽々もっていけます。

ただ、行きたい路線のバス停を探して、そこまで歩いてバスが来るのを待つのを考えたら、近くにいるソンテウやトゥクトゥクに乗った方が早いかもしれませんね。

今まで、スマートバスみたいな公共交通機関がなかったので、移動する選択肢は増えて良かったと思います。

エアコンも効いて快適ですしね(*^^*)

おすすめの記事