サワディーカップnozomiでございます~


タイ旅行って、どんな服装で行けば良いんだろう~



南国だし、年間を通して暑いんだし、半袖・短パン・サンダルで大丈夫じゃない?

って思いますよね!!



結論から言うと、年間を通して暑いので半袖・短パン・サンダルで大丈夫です…が



タイの習慣や文化や場所によっては、服装を気を付けたいポイントもあります。


タイ旅行の服装と注意点を解説していきますね。

タイの年間の気候と服装

タイの気候は、熱帯モンスーン気候になります。


タイでは一年の内で暑季、雨季、乾季に分かれています。 


バンコクの年間を通しての平均気温は30℃くらいになります。


日本だと7月、8月のイメージがタイでは毎月という感じですね。


日差しや紫外線が強いので、サングラスや帽子が必要となりますね。


持って行くのを忘れても現地で買えますので!!

タイで一番過ごしやすい乾季の服装

タイ旅行で一番最適なベストシーズンが11月~2月でございます(^^)/


タイでは乾季になりまして、雨がほとんど降らず、カラッと乾燥しています。


場所によっては、夜は冷え込むところもあります。


服装は基本、半袖・短パン・キャミソールで大丈夫です


チェンマイなどの山間部では、最低気温が15~16℃まで下がるところもあります。


バンコクでも、朝晩は肌寒い時がありました!!

タイ人がダウンジャケット着てる人もいましたよ(笑)


僕も、バンコクに住んでいる時の12月や1月の朝晩は長袖を着ている時もありました。


暑さに慣れているタイ人は、22~23℃以下になると寒く感じると思いますね(;^_^A


長袖や羽織る物を1枚くらい持って行きましょう~

タイで一番暑い暑季の服装

タイで一番暑いのが3月~5月になります( ;∀;)


暑季のシーズンになりまして、高温多湿がエグイくらいです。


日中は40℃近くまでなり、夜も気温が下がりにくい状態になります。


タイの正月ソンクラーン(水かけ祭り)が一番暑いピークではないでしょうか。


僕は、4月、5月チェンマイで暑季を過ごした経験があります!!

一言、メッチャ暑いです!!


熱中症や熱射病になりやすい時期にもなります。


服装は、半袖・短パン・キャミソールで大丈夫です。

タイで雨季の服装

タイで一番、雨が降るのが6月~10月になります。


雨季のシーズンになります。一日中、雨が降るのではなくて、強烈なスコールが一日の内に何回かあるような感じです


どんより曇った日が毎日で、暑季に比べるとまだ気温的には過ごしやすいです。


山間部のほうが、より天気は安定しない感じですね。


2019年8月に一ヵ月過ごしたチェンマイは、晴れた日が3日くらいでした((+_+))


ほぼ毎日スコールが降っていましたので、バイクで遠出もなかかな出来なかったですね!!


服装は、半袖・短パン・キャミソールで大丈夫です



▼海外旅行に行くならグローバルWifiがおすすめ!

タイ旅行で服装の注意点

寺院での露出の高い服装はNG!!

寺院や王宮は神聖なる場所となり敬意を払いましょう。


厳格な仏教徒であるタイで参拝する時は、節度ある服装を心掛けてくださいね。


男女共に露出の高い服装はやめましょう!!


短パン・サンダル・ノースリーブはNGでございます。


全ての寺院がそうではないですが、ある程度のマナーは守りましょう~


観光名所になっている寺院では、参拝というよりも写真を撮ったり大騒ぎしたりして、日本人観光客のマナーの悪さが目立っている所もありますので気を付けましょう。


※女性の方が、僧侶に話しかけたり触る事は禁止になっています。

レストランやクラブでは半パンTシャツNG!?

高級レストランやラウンジ、クラブでは、半袖・短パンでは入店お断りの所もあります。


ドレスコードが必要となってきます。


僕は、そういう所には行った事がないですが(笑) 屋台や食堂ばかりなので(^-^;


行く予定がある方は、事前に調べて行くほうが良いですね。



▼ホテルの最安値をさがすならアゴダで決まり!!

タイでは見た目(服装)で判断される⁉

タイでは見た目(身なり)で判断される場合が多いです!!


タイは階級社会なので、そういう事かもしれない。


日本人観光客に多い、半袖にタイパンツのスタイルはタイ人ではいないですね!!


タイマッサージを仕事にしている人は別として。


半袖よりも、襟付きのシャツやポロシャツ。


短パンよりも、タイトなデニムやスキニー。


サンダルよりも、スニーカーや靴。


が、タイの若い女性には受けが良い(笑)


僕は男性なので(笑)


一般的に中級以上の店に行って、見た目(身なり)だけで判断されて、接客に影響されることも多々ありそうです。


とはいえ、タイ社会のルール的なものなので、観光で訪れる皆さんは、特に気にする事ではないですけどね。



▼後払いも出来るホテル予約はアゴダ

電車やバスは冷房が効きすぎて寒い!!

とにかく、電車やエアコン付きのバスの車内の冷房がガンガン効いて寒い!!


いや、メッチャ寒いです!!


ここまで寒くするのかって言うくらいがタイ流~


長距離や中距離の電車やバスの移動の際は、必ず長袖を持参してください!!


ひどい時には、ジャンパーやパーカーが欲しいとまで(笑)


時々、ファランが半袖・短パン…え-----寒くないんやろか(@_@;)


体質の問題やろか…隣でブルブル震えているのに(*_*)


よって、冷房の効きすぎる、電車やバスに乗車する際には、長袖を必須アイテムとなります。


ショッピングモールやコンビニも冷房ガンガン効いています!!



▼海外旅行に行くならグローバルWifiがおすすめ!

タイ旅行での服装のまとめ

タイ旅行の服装のまとめとしては…


・基本、半袖・短パン・キャミソールでOK


・エアコンの効いてる電車やバスに乗る時は長袖は必須アイテム


・寺院や王宮では露出の高い服装はNG


・乾季(朝晩冷え込む)地域あり長袖必須アイテム


・高級レストラン等はドレスコードあり。


・タイ社会において服装は見た目(身なり)で判断される場合あり。



ではみなさん楽しいタイ旅行に行きましょうね(^O^)

おすすめの記事